MENU

診療案内

Medical

診療案内Medical

男性のお悩み

泌尿器科とは「おしっこ」を診る診療科です。細かく言うと、尿路・男性生殖器を専門とする診療科です。
尿を作る腎臓から、尿管、膀胱、前立腺、尿道、精巣、陰茎といった臓器を扱います。尿のトラブルは、生活の質を著しく落とし、時に命に係わる大病が隠れていることもあります。特に男性で、以下の様な症状がある場合はご相談ください。

女性のお悩み

泌尿器科というと、男性の診療科というイメージが強く、また羞恥心もあり女性からは敬遠されがちです。
しかし実際には膀胱炎や尿漏れなど、女性の尿のトラブルは多く、生活の質を著しく落とし、時に命に係わる大病が隠れていることもあります。
当院では女性にも受診しやすいように、清潔感のある待合室、女性専用のトイレをご用意し、女性のお気持ちにお応えする診療を心がけております。特に以下の様な症状がある場合はぜひお気軽にご相談ください。

泌尿器のがん

泌尿器科で扱う、腎臓、副腎、腎盂、尿管、膀胱、前立腺、尿道、精巣といった臓器にできる癌のことをいいます。
どの癌も初期にはほとんどが無症状です。そのため、根治の可能性の高い初期に癌を発見するためには定期的な癌検診と、気になる症状を認めたときには早めに専門機関に受診することが大切となります。特に血尿や排尿に問題があった場合には、泌尿器のがんが隠れている可能性もありますので、早めにご相談いただければと思います。

男性不妊

日本産科婦人科学会は、不妊症とは男女が妊娠を希望し避妊することなく性交を続けても妊娠しない状況が“1年間”継続する場合と規定しております。現在日本では6組に1組のカップルが不妊に悩んでいると言われます。
昔は不妊の原因は女性側にあるという認識が強かったのですが、最近の調査では、不妊の原因の半数は男性側にあるとわかってきました。

内科

当院では風邪、インフルエンザ、胃腸炎、高血圧、高脂血症、糖尿病、痛風、花粉症などの内科疾患にも対応しております。しかし心疾患、脳神経疾患、膠原病など、専門性の高い内科疾患は適切な医療機関にご紹介とさせていただきます。

予防接種

当院では成人向けの予防接種として、肺炎球菌・麻疹・風疹・インフルエンザの予防接種を行っております(小児向けの予防接種は取り扱っておりませんのでご了承ください)。
肺炎球菌ワクチン、麻疹・風疹混合ワクチンに関しては、事前に予約が必要になります。また一部助成金制度がございますので、まずは電話(045-546-1365)もしくは窓口にお問い合わせください。

健康診断

当当院では「横浜市国保・社会保険の特定健康診査(特定健診)」、「横浜市国保健康診査」、「自費健康診断」を行っております。
予約制となっておりますので、まずは電話(045-546-1365)もしくは窓口にお問い合わせください。

横浜市営地下鉄
グリーンライン
「高田駅」から徒歩1分

Google Map